スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cine21の記事

みなさん、こんばんは。

昨日は一度にいろいろなニュースがあって、嬉しかったけれど大変でしたね。
ビョンホンssiが今どうしているのか、少しでもわかると安心します。
相変わらずFCでは発表もないのですが、現段階では動けないのでしょうね。
FCのBBSでも話題になっていましたが、トップページに出ているニュースがあまりにも古いのは私も気になっていました。
あそこは会員でなくても、誰でも見られるところです。
1年前のニュースがいまだにトップにあるのはどうなんでしょうね・・・
実際のビョンホンssiの活動と、あまりにもかけ離れていて悲しいです。

cine21[イ・ビョンホン] “今は私をもう一度見つけなければならない時期だ”

翻訳機を通して読んでいるので100%理解出来ていないかもしれませんが、基本的な今までの経緯はわかりますよね。
このインタビューの中で「しなくて後悔するよりはして,後悔しよう」という部分があるのですが、ビョンホンssiのファンになってからの私もそういう気持ちでいたので、何だか嬉しくなってしまいました。
私の場合は「行かないで後悔するより、行って後悔した方がいい」というのが多いでしょうか。
全然次元が違いますが、何か行動を起こさないで後悔するより、行動して後悔する方がいいということでは同じなのかなと思ったりしています。

[李炳憲] “今は私をもう一度発見しなければならない時期だ”

文:文石写真:呉ケオク | 2008.02.13

<良い奴,悪い奴,おかしな奴><子供コム ウイードさらにレーン>ウイ,李炳憲
李炳憲は現在韓国映画界で最も忙しい人物中1人だ。 2007年は彼に最も気が気でない一年であり今年もまた少なくないと見られる。 2006年<その年夏>を封切った後,しばらく甘い休息を取った彼は2007年初めから金ジウン監督の<良い奴,悪い奴,おかしな奴>(以下<奴奴奴>)に突入して,初夏には木村タクヤと<ヒーロー>をおして,真夏と秋には中国で開くという中(案)フン監督の<子供コム ウイードさらにレーン>(I Come with the Rain)を撮影したし,ほぼ同じ時期日本でツアーを持って,ハリウッド ブロックバスター(G. I. Joe)出演を決めた。 そして最近10ケ月近くかかった<奴奴奴>ウイ大長征を終えた彼は言葉どうり撮影が終わるやいなや米国行飛行機に乗った。 1月23日<奴奴奴>で自身の撮影分量を皆終えた李炳憲は現場に包んで行った荷物カバンをチェンギョドゥルゴ直ちに仁川(インチョン)空港へ向かったのだ。 米国で彼はまずのために色々な訓練を受けたり多様な出逢いを持ちながら,現在は公開できないが議論されているいくつのグローバル プロジェクトを打診する予定だ。 ‘寒流’スターで‘ワールド’スターで徐々に足取りを移していること。 おかげさまで昨年中旬から議論されてきた李炳憲とのインタビューも出国三日前の1月20日にかろうじて成し遂げることができた。 あまりにも余裕がなくて,やむをえず<その年夏>封切り当時<シネ21>このおした写真と<奴奴奴><ヒーロー><子供コム ウイードさらにレーン>ウイ スチール,そして所属社でおしたスナップ写真を見せるほかはないことを遺憾だと思う。



-<奴奴奴>撮影を4月から今までしたので肉体的でも精神的でも疲労がたくさん積もっただろう。
=恐らく最も忙しい一年ではなかったかしたい。 その上<奴奴奴>をおしながら開くという中(案)フン監督の<子供コム ウイードさらにレーン>まで同時におして,中国と香港を行き来しなければならなかった。 そこに日本4ケ都市を回りながら‘アリーナ ツアー’という名前の公演までした。 当初計画では映画を皆おした後に下記にとらえられていたが,映画スケジュールが増えながらそうなった。

-<奴奴奴>ウイ創痍駅はどのように引き受けるようになったか。 初めての悪役ではないのか。 典型的な悪役ではないとしてもキャラクターらの間の関係では悪役の位置に立つようになるはずなのに,ひょっとして負担にならなかったか。
=いつからかそのような考えをするようになった。 ‘今まで私がひどすぎるように橋(脚)をたたきながら渡ってきたのではないか。 なぜ幼かった時,色々なことを再考(在庫)問い詰めながら,作品を決めたのだろうか。 試行錯誤はその時たくさん体験していなければならないのに。’ところで今でも遅れなかった気がした。 ですから私をそのままさっと開けておきたかった。 以前のようならばしきりにかしげてした役割も推進力あるように押し通せるようになって新しいものも試みるようになったようだ。 <奴奴奴>の創痍は演技生活17年の間初めて引き受けた悪役なのに,あいにく<子供コム ウイードさらにレーン>で私が引き受けた役割である受身ブドウ悪役で,のストーム セドも表面的には悪役だ。

-そのように考えをまたするようになったのがひょっとして<その年夏>以後ではないのか。
=<その年夏>ためではない。 <その年夏>以後休む間色々な考えて見たらそうであるところまで(狂う)及ぼしたようだ。

-金ジウン監督は創痍というキャラクターをどのように説明したか。
=その時代のばたやといった。 彼の人生で最も重要なのは最高にならなければならないことだ。 ですから名誉を最も大切に問い詰める人だ。 最高になるためには死も辞さないそのような人物だ。

-実際に初めて引き受けた悪役延期はどうだったか。
=私は非常におもしろかった。 延期という理性と感性が同時に作用することだが,私はキャラクターに最大限感性的に没入するのが正しいと見る。 だが<奴奴奴>は俳優らの生々しくて自然な延期だけ固執する映画ではないようだ。 若干の過剰とスタイルが必要な映画のようだ。 スタイルが出てこようとするなら監督が要求するまま八はぴったりこの程度だけ折ってやって視線は正確にどこかを見て,このような形で延期しなければならない。 結局異性(理性)で判断しなければならないと言う話だ。 序盤にはそのように手動作するか,首をふること一つまで気を遣いながら,延期をしているので感性的な部分を制約を受けるような感じがしたよ。 ところでそこでおもしろいのが生じた。 モニターを見るのでどのように出てきたのかは分からないが思うこともできなかった私の表情があって予想できなかった感じも聞いた。 私が思ってもとても不道徳だと見られる感じというか。 とにかくこの映画は一言で一度よく畑気持ちだ。

-必ず悪役なのでそのような感じがしたのだろうか。
=悪役だからもう少しそのような部分らを感じられたようだ。 とてもディテールある動作らを監督様が要求する次第,あるいは私が設定した通り延期しておいてモニターで見れば二人とも想像できないのが出てくる時がある。 そのような場合に感じる快感であるようだ。

-そういえばスタッフらによれば同じ悪役でも創痍は別に見られるといったよ。
=昨日撮影の時も監督様とその話をした。 映画に私がタバコを吸う姿をクローズアップで捕まえる場面が2番出てくるのに,初めにはテグが乗った電車を止める時だ。 その時の姿はだいぶクールだ。 後半部にも似た場面が出てくるのに目つきや表情がとても邪悪で卑劣なばたやのようだ。 この二つの場面を見るので私の煙が一貫しないようだったよ。 ところで監督様がそのような話をしたよ。 彼が処した状況によって,感じが変わることであって,創痍の性格が変わるのではないようだと。

-<奴奴奴>のために習ったのが多いのではないか。 ひとまず馬に乗ることから習っていなければならないでしょうに。
=習ったが大変な過程があった。 出演決定をした翌日初めて乗馬を学びに行ったがよりによってまさにその日夕方,家階段で足を踏みはずして,桃骨が素晴らしかった。 程度が激しくて,結局病院で手術を受けなければならなかった。 その後ではいくらの間家で休まなければならなかったが私が主人公で登場した<ロースト プルレニッ>というゲームに抜けた。 これがオンライン大移転されるからおもしろかったよ。 そうするうちに気をつけた。 皆(全部)熱心に準備中なのに私がこれでも良いがという気がして,からだ筋肉を作ることにした。 創痍というキャラクターは大きくある筋肉を持ったのでなくとても細かく裂けた筋肉で整った(鍛えられた)人物だ。 からだだけ見ても‘オイ,あいつは本当にあくらつだ’そのような感じがする。 それでトレーナーを家と呼んで,橋(脚)にギブスをしたまま筋肉訓練をした。 一度に50分ずつだけするのにもトレーナーが要求する強盗(強度)は途方もなかった。 完全地獄訓練だった。 (笑い)それでも私がきつい面があるのかトレーナー話(言葉)がこの程度訓練を昭和一人は誰もいないといったよ。

-の前に本当に多くの人々が尋ねる質問でしょうに,ソン・カンホ,チョン・ウソンと個人的に親しいけれど現場でキャラクターで正面対立するならばどうしても競争心ができるのではないか。
=競争心がまったくなくはなかっただろう。 だがあまりにも賢い俳優らで経験も多いから映画が優先という考えたようだ。 映画は死んで自身だけ買うというのが話になるのか。 そんなことをとても上げるよく知っていたので相手方によくすべきだという意識も皆(全部)持っていたようだ。

-木村タクヤと共に出演した<ヒーロー>増えたどのように提案受けたか。
=木村タクヤのマネジャー飯嶋という方がいる。 かなりかなり以前に知るようになった以後色々な相談するようになる関係になったがある日<ヒーロー>にカメオで出演してくれという提案をしてきた。 以前にも<スマプXスマプ>ショー出演などいくつかの要請を断ったことがあって申し訳なくて,この映画に出演するのが悪くないこと同じであることもした。 代わりにすでに出演することにしたが上手にしようという心に履くさらに作ってくれとお願いした。

-開くという中(案)フン監督の<子供コム ウイードさらにレーン>に対して話してみよう。 どのように出演するようになったか。
=<奴奴奴>よりも先に出演を決めた作品だ。 2006年頃なのか,開くという中(案)フン監督とプロデューサーであるフェルナンド スルリチンが韓国を訪れてきて会ったことがある。 その場で開くという中(案)フンは李文烈氏の<人の息子>が好きだと言いながらその作品をモチーフで映画を作ることだが出演してくれということだ。 私もまた大学1学年の時衝撃的に見た小説だと好感があった。 しばらくしてシナリオがきたが話が難解なことはしたよ。 アート映画を作る方だとある程度は予想したが,とても難しくて,初めにはうろたえていた。 (笑い)

-そんなに難しいが出演決定はどのようにおりたか。
=何難解な面があるけれど,私が引き受けること同胞というキャラクターは理解できたよ。 そして開くという中(案)フン監督の世界で私が何か得ることがないだろうか,私が何か感じるのがないかという期待もあった。 悪役に対する挑戦と似た次元でもある。 私が少しでも若いと思う時,私が知らない私を探してみようということ話だ。

-開くという中(案)フン監督はあなたをなぜキャスティングしたといったか。
=<甘い人生>を見たが,表情がみな良かったといった。 そのようなディテールある表情ら,ディテールある感情らはアジア俳優中で見るのが難しいことだと話したよ。 そうでなければ…が映画で私が引き受けた役割は香港組織のボスなのに,私が<甘い人生>で組織の2人者に出てきたためなのかも知らない。 (笑い)

-<子供コム ウイードさらにレーン>銀何の話なのか。
=説明しようとするなら複雑で製作スタッフもとても詳細に公開するのはやめてくれという立場だと簡略に話せば,まず主人公が弔詩ハートネットなのに彼はどんなことで警察から追い出された後,私立探偵をしている。 彼がある日サンフランシスコのある中国人から失踪した息子を探してくれという要請を受けて結局香港まで行くようになる。 彼は女文楽が引き受けた役割である香港刑事と一緒に通うのに,イ刑事には必ず捕まえたい犯罪者がいる。 それが受身フォー,ですから私だ。 受身フォーは香港犯罪組織のボスで事情考慮なくて無慈悲な人だ。 この人のアキレス腱が一緒に暮らす女リリーだ。 受身フォーにリリーは命とも同じ存在だ。 ところでリリーがある日消えて受身フォーは彼女を探しに出る。 それで会うようになるのが木村タクヤが延期する市(詩)(受ける)乗ってくる。 彼は神秘の能力を持っている人物であり,弔詩ハートネットが依頼受けた失踪した息子でもある。 概略このように進行される。

-<奴奴奴>煮込んで,同時におしたといったが撮影分量は多かったか。
=15回のため程度だったが,問題は何度も行かなければならなかったとのことだ。 当初には2回だけ行けば良いといったが結果的には5番なのか6番を香港に行かなければならなかった。 それでも中国で香港であるからソウルで済州道(チェジュド)行き来するように軽い気持ちで行ったり来たりすれば良いことと思った。 ところで一度行けば13時間もかかった。 <奴奴奴>撮影地である敦煌から香港まで行くなら他の都市に出てきてまた上海や北京で行って香港行く飛行機に乗り換えなければならなかった。 あまりにも飛行機に乗るから後ほどには私がパイロットになったようだったよ。 (笑い)

-外国でもあり芸術映画監督が率いる所でもして現場の雰囲気が大いに違ったようだ。
=大いに違った。 印象的だったことは一ケ月の後の撮影日時(一字)と俳優らマ・タウイ集合時間までディテールするように予告される上にそれを正確に守るという点だった。 撮影途中雨が降ればそのままおすこともした。 もちろん製作者にタックタルダンハはこともあって,あまりにも忙しい俳優らを集めたためだっただろう。 最も難しかったことはリリーとのラブシーンだった。 リリーは<描いたパパイヤ香>きて<シクルロ>の主演で開くという中(案)フン監督の夫人(否認)である開くという迷惑イェンケが延期したためだ。 監督がそばで見守りながら“もう少し…小さいさらに…”こうするのに本当に堪え難かったよ。 (笑い)

-弔詩ハートネットはどうしても主演だと待遇が格別だったはずなのに,韓国のトップ俳優としてしわになる感じはなかったか。
=そのような気がすることもできたが,結局にはそのような必要が何があると思って思った。 もしかしたら弔詩ハートネットという友人があまりにも愛想が良くてソグルソグレソヨスルジも知らない。 初めての撮影のために香港に行った時も弔詩ハートネットがうれしく挨拶をしたよ。 それでこの友人がなぜこうするだろう,するのに部屋金までトレーラなかで<甘い人生> DVDを見たということだ。 後ほど親しくなっては<甘い人生>を米国でリメークとしたいという話もした。 そうだったのでそれほどしわになる必要はなかった。 初めてする英語大使延期のために心配もしたが,どうせ人間の感情を表現するのは互いに全く同じであることなのに,しながら心を入れかえた。

-もう話をしてみよう。 どんな方法で提案が入ってきたか。 シナリオを先に受けたことなのか。
=所属社であるBHエンターテイメントには海外パート担当であるチャールズという人がいる。 彼は私の米国エージェントであるエンデボと共に何年の間の色々な作品に関し議論してきた。 は昨年に提案受けたが魅力的だと思った。 トリートメント程度を見て判断した。 シナリオはしばらく後に受けた。 ところで確かにそのような面は徹底したよ。 ハリウッドではマニアらがスタジオ近所に隠れていてコンピュータを盗み出したり,シナリオ一枚を取り出すために建物ごみ箱まで遅れをとるのだ。 そうだったためかシナリオが流出しないように神経を多く使った。 私に送ったシナリオも複写をできないように赤色紙に文字をおして送ってきた。

-どんな背景で出演提案に応じるようになったか。
=事実初めには否定的である側が60%程度であった。 悩みになった点は製作費が大きいブロックバスター映画と老若男女皆が見られる水準で作られるという点だった。 だがさっき話したように,しなくて後悔するよりはして,後悔しようという考えが基本的であって,普段に助言をあたえる皆さんに尋ねてみたところ皆(全部)してみろといったよ。 パク・チャンウク監督も“これをするのが合うようだ”と話してくれた。

-増えた米国であまりにも有名な漫画だ。 映画も設定が同じか。
=はおもちゃから始まって,シリーズ漫画で作られたことなのに,本来は米軍らが主人公だ。 韓国でもという名前で紹介されたことがあることだ。 映画バージョンで‘G. I. 組’チームと相手側である‘コブラ’チームは色々な国の人々が共にかたまった国際機構に変わった。 基本的に彼らの間の対決を描く。 話したようにハリウッド側の保安要求が徹底して,これ以上は言ってくれにくい。

-あなたが引き受けるようになるストーム セドはどんな人物なのか。
=ストーム セドは幼かった時,お父さんのような師匠からニンジァ教育を受けた人だ。 彼はスネーク アイズという西洋子供と一緒にニンジァ教育を受ける。 二は競争者ながらも兄弟のような関係でもところが,ある日師匠が疑問の殺されてストーム セドが消えて,スネーク アイズは犯人がストーム セドと思う。 その以後で二は宿命のライバルになる。 聞こうと言うのでこの二つはアニメーション ファンらに最も歓呼されるキャラクターという。 二つとも戦闘力が強くて神秘さまで感じられる人物だ。

-インターネットでは‘李炳憲が日本ニンジァ役割を受け持った’と沸きかえったが。
=ストーム セドは韓国人で設定すると製作スタッフと合意している。 それはキャスティングされる時から私が打ち出した条件でもある。 西欧人らはアジア人を見る時,国籍区分をよく中(案)ハジァンナ. その上日本市場が大きいから日本人キャラクターがたくさん出たり。 とにかく私の立場では当然韓国人で設定しなければならないと要求しなければならなくて,製作スタッフも快く受け入れた。

-アクション延期をよくしなければならないのか。
=さんが多いというより一度アクションを繰り広げればとても大きい規模に繰り広げるようだ。 初めてキャスティングされる時,私がある話がある。 私はソンニョンでもなくて離縁コルでもないと。 私にそのような武術をしろといったら絶対にできないと。 彼らもすでによく知っているといったよ。

-それでも基本的な訓練は必要なのではないか。
=それで今米国に行くのだ。 は3月から始めて,6月までおす予定なのに,一ケ月半分ほど準備過程を経るようになる。 その中にそのような訓練もあるようだ。

-さまざまな海外プロジェクトに同時に出演するようになった。 負担と覚悟があるようだ。
=開くという中(案)フン監督の映画とは両極端である映画と思う。 私の基準ではあれこれみなしてみながら,今は私をもう一度発見しなければならない時期ではないか思った。 もちろんに出演するという決定以後憂慮する視線も多くなったが,どんな側面では本当に違う雰囲気と違った考えを持っている監督らに私を任せてみるのが個人的な発展に役に立つことと思った。

-ひょっとして活動の重心をハリウッドまたは海外に移すつもりも持っているか。
=全くない。 韓国で良い監督らと作業するのはあまりにも変わりない既定事実で,そうするうちに機会があればハリウッドにしても外国でも行ってくることもできるという次元であってそこに居座って何をするということは絶対違う。

-話を聞いて見るのでこれら全部海外プロジェクトが<甘い人生>で始まったようだ。
=それで金ジウン監督との出逢いが本当に運命的なことではなかったかという気がする。 それによって変化したのが多い。 金ジウン監督に感謝の気持ちを持っている。

-ハリウッドで作業するようになれば当分孤独になることという考えはしないか。
=先に肝カン・チェギュ監督様もおられてして,まだそのような考えをしないが,もしだとしてもそれが私をちょっと鍛練させてくれると思う。

-韓国ではトップスターで君臨してきたが,そこではそれだけ認められないことに違いない。 それに対する心の準悲悼しているか。
=基本的にある程度心の底から覚悟をしている。 どこでナンダギンダしても全く知らない友人がきて,自身をトップ待遇をしてくれと言ったら受け入れるか。 基本的に監修しなければならない部分ではないのか思っている。

-ビデオゲームである<ロースト プルレニッ>にはどのように登場するようになったか。
=分かる方がゲーム製作社であるケプコムと連結した。 普段にゲームが好きな方なのに,必ずアドベンチャーゲームだけする。 私が球技種目運動をよくできなかったためかゲームも<ウィニングイレブン>のような球技種目はしない。 (笑い)特に好きなゲームが<バイオハジャド>きて<貴戊子>なのにそのゲームを作ったケプコムが私をモデルみなして,ゲームを開発するというからファンとしては興味が沸くことだった。 そして私が私を操縦しながら,ゲームをするとは考えだけでもおもしろかった。 撮影は二日程度かかったが思ったより簡単だった。 どんな機械の前に座らせておいて腹が立った表情,楽しい表情を浮かべろという。 それも時々NGを出したりしたが(笑い),そのように10分程度した後,コンピュータをぷつんと触るから自動的に3次元形になった。 非常に楽しい経験だった。



↓ポチッと応援していただけたら嬉しいです
 にほんブログ村 テレビブログへ 

話題の韓流ドラマやオリジナル作品を見るなら「GyaO」

スポンサーサイト

テーマ : イ・ビョンホン
ジャンル : アイドル・芸能

コメント

Secret

Twitter
LEE BYUNG HUN 『いつか』
カウントアップカウンター

プロフィール

エミン

Author:エミン
++My Favorite LBH++
since 2004.4.12
李炳憲さんを応援しています。
ブログ名にある韓国ドラマのレビューは少ないです^^;

韓国語でご挨拶(ハングル表記)

下記は消さないで下さいね。
byやさしい韓国料理レシピ
OCN自動翻訳
CalendArchive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新の記事(全記事表示付き) *frame*
最近のコメント
データ取得中...
リンク
BLOG LINK

私を登録 by BlogPeople

韓国情報サイト
朝鮮日報
中央日報
innolife.net
wowkorea.jp
BUNKAKOREA.COM
All About
翻訳サイト
Yahoo!翻訳
Excite翻訳
infoseek翻訳
OCN翻訳
NAVER翻訳
Go!Korea!翻訳
その他リンク



お財布.com

オンラインラボ

スカパー! レンタルサービス
マカフィー・ストア

ドミノ・ピザ

 

ブログ
 
FC2ブログランキング
 
FC2動画

アフィリエイト・SEO対策

フォーム
      
カウンター
 

アマゾンランキング・あまがえる



にほんブログ村 ポータルブログへ

ブログひろば



とらっくばっくる

RSS feed meter for http://leeemin.blog22.fc2.com/ 


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

  • seo





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
仲良くしてね♪

商品検索

サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ

楽天で探す
楽天市場







 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

boople 本の検索
booplesearch

関連商品

エディタコミュニティ
edita.jp【エディタ】
あし@

RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。